私の気持ち 婚活パーティーのIさん その58

前の記事(もっとIさんと話したいけれど 婚活パーティーのIさん その57)の続きです。

 

f:id:oba_kan:20180923172606j:image

Iさんと別れてから、一人で考えていました。

 

f:id:oba_kan:20180923172611j:image

Iさんの事はまだ全然わからないけれど。

隠された部分が多すぎるような気がするけれど。

お金の使い方が豪快すぎるような気もするけれど。

 

私は今まで男性と話したこととかが極端に少ないから、私と話してくれただけで好きになっているのかもしれないけれど…。

 

 

私はIさんの事が、好きなんだと思います。

 

ズバズバはっきりと言うところ

楽しそうに生きているところ

見た目がちょっと怖そうなところ

でも笑ったら優しそうな顔をしているところ

体格ががっちりしているところ

腕が太いところ

 

挙げたらキリがないくらい、Iさんの好きなところがあります。

とても不思議で、とても魅力的なIさんです。

f:id:oba_kan:20180923172616j:image

 

f:id:oba_kan:20180923172621j:image

 Iさんとお付き合いできる可能性は0%に近いです。

今日の話の内容から、私の事は異性として見られていないことがよくわかりました。

(ボランティア発言)

 

 

でも、少しでも希望があるなら、その希望を捨てたくはないです。

でも、私が何か行動を起こせば、Iさんにとって迷惑なんだろうな…。

 

でもでもだってと考えてもしょうがないのかもしれませんが、

希望を捨てたくない、でも嫌われたくない。

 

そんな都合の良いことを考えていました。

 

 

・婚活のことはコチラに→婚活カテゴリー

・Iさんとの出会いはここが始まりです→4回目の婚活パーティー ズバッと

・口が臭ってないか心配になったり、ADHDの薬が増量になったり↓

www.hattatsu40.com