男性に好印象を持って欲しいという思い~5回目の婚活パーティ その11

前の記事(家事を完璧にして欲しい男性と大して家事ができない女性の話~5回目の婚活パーティー その10 )の続きです。

 

 

家事が得意な人が理想のKさん。

特別家事が得意でもない私。

 

「家事は得意ですか?」という質問に、なんて答えたらよいのか迷ってしまいました。

 

「普通です。」(普通って何?って感じですが)が良いか、

「特別得意ではありません。」と話そうか…。

色々頭の中でシミュレーションしてみました。

 

 

散々迷ったあと、私が出した答えは…

f:id:oba_kan:20181006204228j:image

ハッキリしない話し方…。

話す内容に自信のない時はどうしても挙動不審になり、モゴモゴとした話し方になります。

 

「完璧にできます。」とまでは、やはり言えませんでした。

ただ、一人暮らしが長く自分で家事をしないとどうしようもないので、このように答えました。

 

 

この返答をして、少し罪悪感が…。

f:id:oba_kan:20181006204311j:image

Kさんにどう思われるかを優先してしまい、あいまいな返事をしてしまったと思いました。

 

Kさんは(多分)正直に話をしてくれたのに、私ときたら…。

 

胸張って「家事は完璧です!」と言えるくらい、家事をやらないと…。(言うだけ番長…)

 

 

私のモゴモゴした返答に、Kさんは

f:id:oba_kan:20181006204404j:image

ほめてくれました。

 

Kさんは続けて話をしてくれようとしましたが、 

f:id:oba_kan:20181006204412j:image

時間が来たので、移動することに。

 

f:id:oba_kan:20181006204429j:image

家事の話の続きで、何かを言おうとしていたのですが…。

Kさんが話そうとしたことは何だったのか気になります。

 

 

f:id:oba_kan:20181006204440j:image

一人目のKさんは、思っていたよりも順調に話すことができて、ほっとしました。

 

私は今まで男性と会話が盛り上がることはまず無かったので、とりあえず会話が続くのを目標にしています。

 

次の人とも問題なく話せますようにと願っていました。

 

続きます。

 

・婚活に関することはコチラにあります→婚活カテゴリー

 

・ただの日常をブログにしました→暮らしの便利ワザみたいなのを試した話

 

 ・運動音痴の私のことを書いています↓↓

www.hattatsu40.com