高スペック女と低スペック女の現実~婚活中アラフォー女の独り言

婚活中アラフォー女の私。

その私が高校生だったころ(昔々)、

f:id:oba_kan:20181127100321j:image

とってもかわいい同級生がいました。

 

 

f:id:oba_kan:20181127100328j:image

そのかわいい子はみっちゃん。

 

顔立ちがハッキリしていて(私と真逆)

明るくて(私と真逆)

髪の毛つやつやで(私と真逆)

男子から人気があって(私と真逆)

面倒見がよくて(私と真逆) 

 

本当にモテていたみっちゃん。

 

婚活が全くうまくいってないデブス陰険女の私とは済む世界が違いました(やけくそ)

f:id:oba_kan:20181127100334j:image

彼女が女子と話すときによく言っていた口癖がありました。

 

「付き合う人は〇〇大学以上の(頭が良い)人。」

クラスが一緒だったのは一年間だけだったと思いますが、「〇〇大学以上~」という言葉は何度も聞いた記憶があります。

 

他にも、

「私は、お給料○○万以上(←かなり高い金額)もらえるような仕事に就きたい。」

と将来の仕事に対しての希望を口にしていました。

 

それを聞いて、私と(私の唯一の友人)あーちゃんは【へーー!そうなんだ。みっちゃんならできそう。】と思っていました。

 

 

それからしばらくたったある日、

f:id:oba_kan:20181127100341j:image

 (高校時代からの唯一の友人)あーちゃんと会ったときに、

f:id:oba_kan:20181127100348j:image

あーちゃんが人づてに聞いた【みっちゃんの近況】を教えてくれました。

 

 就職先は有名な会社でした。

どうやらお給料も良い(とみっちゃん本人が言っている)とのこと。

 

そして、

f:id:oba_kan:20181127100354j:image

結婚をしたみたい。

しかも、みっちゃんが条件としていた【○○大学卒業】で、有名企業で働いている男性と。

 

私はその話をうんうんと笑顔でうなずきながら聞いていました。

が、 

f:id:oba_kan:20181127100402j:image

本当はうらやましくてしょうがないです。

 

婚活サイト・婚活アプリ・婚活パーティーを駆使してもうまくいかない私と比べて、

【人生が違いすぎないか…?】と。

 

婚活をしていてもダメな女…日出子。

一方、高校の頃に発言した【理想・希望】を叶えてしまった同級生(みっちゃん)。

 

結婚や就職は本人の努力もありますよね…。みっちゃんはかなり努力したんだと思います。

 

ブスで若くもなく性格も暗い私は、普通の人以上に努力しないと婚活を成功させるなんて無理…!

私も、頑張って結果を出したいと思います。

 

でも正直、

【うらやましい・うらやましい・うらやましい…(心の中で復唱)】

 

・私のグダグダな婚活のことはコチラにまとめてあります→婚活カテゴリー

 

・特に楽しみのない日常をウダウダ書いています→日常カテゴリー

 

コロコロと記事のタイトルを変えてしまいすいません!これからも時間があるときにわかりにくいタイトルは変えていく事があると思います。よろしくお願いいたします。

読者登録も、メッセージもいつもありがとうございます!