欠点を隠して婚活をしようと決めた〜デブスアラフォー女の独り言

婚活中アラフォー女の私。

f:id:oba_kan:20181204234337j:image

 

f:id:oba_kan:20181204234354j:image

鏡を見るたびに思う。

【ブスだな…】

 

でも、もうブスなのはしょうがないので…。(開き直り)

 

せめてブスでも、女は愛嬌が良いほうが婚活を成功させやすいと思い、笑顔の練習をしてみました。

f:id:oba_kan:20181204234359j:image

ニヤァ、ニタァ…といった言葉が良く似合う笑顔。

 

どうしても【ニタァ〜】っと笑うのはなぜでしょう。

本当は【ニコっ】と笑いたいんだけど。

 

正直、自分で見てもマズイと感じるレベル。

 

(そういえば昔、普通に笑っていると思っていたのに、教師に『おい、ニヤニヤ笑うな。』と名指しで言われた記憶がよみがえりました。

ほかの生徒も笑っていたのに…。

ニヤニヤとニコニコの違いがまだ理解できません…。)

 

 

そして、笑ったときの問題点をもう一つ発見しました↓↓。

f:id:oba_kan:20181204234409j:image

歯茎が紫。

それも全体的に暗い紫色…。

 

歯茎の色は子供の頃からこんな感じでした。

歯茎マッサージなどしてみたのですがどれも効果なく、あきらめて現在まで生きてきました。

 

しかし、ほとんど笑う事が無いので…。

歯茎の色の事を気にするのも忘れていました。

 

f:id:oba_kan:20181204234608j:image

今では、できるだけ歯茎を隠すようにして笑う技術が身に付きました。

(技術って程じゃない…)

 

ニヤニヤ顔はどうにも直りませんでした、残念。

 

私みたいな女は、

【長所(ないけど)を伸ばすより、欠点を隠す方が良いのではないか…。】

という結論になりました。

 

欠点を【隠して隠して隠しまくって】婚活を進めていきたいと思います。

 

 

・私の(特に面白みのない)日常です→日常カテゴリー

 

・婚活を成功させたいと願い続けているブログ→婚活カテゴリー