甘くて苦いアラフォーデブスのバレンタインデーの思い出

2月14日はバレンタインデー。

f:id:oba_kan:20190125112200j:image

彼氏いない歴=年齢の私ですが…私にも【一応】バレンタインの思い出があります。

 

f:id:oba_kan:20190125112207j:image

高校時代、クラスの男子にチョコを渡しました。

(高校時代もかなりいじめられていましたが、このチョコを渡した男子は私をいじめない人でした。そこが好きになった理由です。)

 

f:id:oba_kan:20190125112212j:image

渡した後、ソッコーで退散。

 

そうして、生まれて初めてバレンタインデーにチョコを男性に渡すことができたのです。

 

そして一ヶ月が経過。3月14日。

ホワイトデーになりました。

 

あわよくばその男子と付き合えないかな…と少し期待していた私。

f:id:oba_kan:20190125112220j:image

私の机の中にメモとアメが入っていました。

 

メモの内容を見ると、【脈がない】と鈍感な私でもわかりました。

 

アメはとっても甘かったです。糖分補給ができました…。

f:id:oba_kan:20190125112231j:image

これが、唯一のバレンタインデーの思い出です。

 

その時以降

f:id:oba_kan:20190125112243j:image

チョコが大好きな父親にだけチョコを買っています。

(自分の分も買ってましたが、今年はダイエットしてるのでやめておきます)

 

今は本命の男性にチョコをあげる人は減って、友チョコが流行ってきたのでしょうか?

友チョコが流行っている時代に学生じゃなくてよかった…と思いました。

(なぜなら友達全然いないから)

 

本命チョコでもなく、友チョコでもなく、親チョコを選ぶのもけっこう楽しいですよ。

 

以上、モテないデブスのバレンタインデーの思い出でした。