わずかな可能性を捨てきれない女~友人の紹介で出会ったPさん 40

前の話(理想と真逆の女だった…~友人の紹介で出会ったPさん 39【婚活体験談】)の続きです。

 

現在婚活をしている私、日出子(アラフォー)。

 

友人あーちゃんの紹介で知り合った男性のPさんと食事をすること2回。

関係がとくに発展するわけでもなく、あっさりと面会の時間が終了(Pさんが帰った)。

 

食事中のPさんの言動を振り返り、脈ナシかもと心配する私。

 

Pさんを紹介してくれた友人のあーちゃんにLINEで相談すると…。

【Pさんは細い女性が好き】という事が発覚。

 

落ち込む私。

f:id:oba_kan:20190202133937j:image

数日後あーちゃんが自宅に来てくれたので、Pさんの話をします。

 

【Pさんは細い女性が好きだし】私はもうあきらめようか迷っていました。

 あきらめなきゃいけないけど、あきらめきれない…。そんな気持ちです。

 

できることならこのまま婚活を続けて、Pさんと関係を築いて結婚までもっていきたいんです。

私のあきらめきれない気持ちを察してか、あーちゃんがPさんの話をしてくれました。

f:id:oba_kan:20190202133946j:image

Pさんは【我慢ができない人や自律できない人が嫌い】らしい。

ダラダラ怠けるのが好きな人や、食事などの管理(ガマン)が出来ず太っている人などが 好きじゃない見たいです。

どっちにも当てはまる私、動揺する。

 

Pさんは自分を律する人が良いと…。

 

「ああ、私はダラケだし食事の管理なんて出来てないからこの体型でずっと過ごしてきたんだし…。もう本当にダメだな。」

…とやっと次の婚活に進む決意ができた時。

f:id:oba_kan:20190202133953j:image

 

 

f:id:oba_kan:20190202134000j:image

あーちゃんが励ましてくれました。 

 

私がもっと努力ればもしかしたらPさんと付き合えるかも。

すぐにあきらめず、Pさん好みの女性になるよう努力しながらでも良いんじゃないか。

あーちゃんはそう言ってくれました。

 

f:id:oba_kan:20190202134006j:image

 そうだ。もっと頑張ろう。

 

Pさん好みの女じゃないのなら、できる限りのの努力をして少しでも好みの女に近づこう。

それでも無理ならあきらめよう。

 

そう決めました。