突っ走る…あの男性のところまで~友人の紹介で出会ったPさん 43【婚活体験談】

前の話(苦手を克服してこそ婚活?~友人の紹介で出会ったPさん 42 )の続きです。

 

男性との3回目の面会に向けて、特訓中。

f:id:oba_kan:20190205144917p:image

イメージトレーニングのおかげで、カラオケに対する苦手意識が少しずつ軽減してきました。

 

f:id:oba_kan:20190205144939p:image

【Pさんとあーちゃんそして私3人で会う日はいつ頃かな…?】

頭にあるのはこのことばかり。

 

早くPさんに会いたいようで、(Pさんと関わるのが)少し怖い。

Pさんと会って、脈無しを感じるのが怖い。嫌われるのが怖い。

 

 

日時はあーちゃんが調整してくれるとのことで、お任せしていました。

あーちゃんは仕事が忙しいので、きっとしばらくは3人で会う事はないのだろうと考えていました。

 

数日後の夜のこと。

f:id:oba_kan:20190205145005p:image

あーちゃんからラインがきてる。

 

f:id:oba_kan:20190205145018p:image

仕事終わりにPさんと会ったので、私に来るようにとの事。

 

Pさんとの3回目の面会は予想外に早いものでした。

でも、婚活をするペースは早ければ早いほど良い(年齢的に)

 

お風呂でメイクを落としたばかりでしたが、ザザっとメイクをして

f:id:oba_kan:20190205145032p:image

急いで出発。

 

婚活服は、男性と会う前に

『これがいいかな…?いや、こっちの服の方がすこーし痩せて見えるかな?いや…こっちのほうが男性ウケが良いかも…。』

などとゆっくりじっくりと決めたい方なのですが、今回はハンガーで手に取ったもの(直感)を着てすぐに自宅を出ました。

 

走れ…もっと速く…。

限界くらいの力で走って最寄り駅に行きました。

 

その後、足首が痛くなりました。

 

前回の面会は私がダメダメでしたが、3回目の面会は3度目の正直になりますようにと願いながらPさんとあーちゃんが待つお店へ向かいました。

 

続きます。