2つ目の告白…障害のこと〜友人の紹介で出会ったPさん 62【婚活体験談】

前の話(もっと好きになった瞬間~友人の紹介で出会ったPさん 60 )の続きです。

 

婚活中のアラフォー女の私。

今までは男性との関係が進展せず、失敗に終わることが多かったです。

 

しかし今回の婚活は少し違います。

友人の紹介で知り合った男性のPさん。

3回目の面会で、とうとう告白することができました。

 

今までの婚活の中で一番の進展をした今回。

 

Pさんからの返事はまた今度になりました。

 

告白が終わり、ホッとしていた時...

f:id:oba_kan:20190225143224j:image

大事なことを思い出しました。

Pさんに伝えなくてはいけないことを、全く伝えていなかったのです。

 

その大事なこととは...

f:id:oba_kan:20190225143237j:image

私が【発達障害】であると言うこと。

 

f:id:oba_kan:20190225143248j:image

今まで発達障害の特性(特徴)で、色々なことがあった人生。

 

発達障害と聞いて良いイメージを持てない人もいると思います。

これを聞いたPさんによく思われない可能性もあると思います。

 

でも、いつかは言わなければいけないこと。

『言うのは今しかない』と思いました。

f:id:oba_kan:20190225143302j:image

【付き合ってほしい】という告白のあと、

【発達障害の】告白をする私。

 

どちらの告白もすごく緊張します…。

f:id:oba_kan:20190225143339j:image

あまり重くならないように伝えようとしましたが...。

うまくいったかな?

 

f:id:oba_kan:20190225143416j:image

なんとか伝えることができましたが、どっと疲れてしまいました。

 

f:id:oba_kan:20190225143350j:image

ひとこと話しただけだったのに、強い疲労感が...。

(さらに老け込んだ気がした…。)

 

Pさんの反応が気になります。

 

どういう風に考えてくれるのだろうか...。

少し…いや、かなり不安でした。

 

2つ目の告白、終了。

 

続きます。

 

・今までの体験談などを書いています。

婚活体験談

婚活情報

 

・最新記事

出会いを求めて早20年...?〜婚活中アラフォー女の独り言