身体が勝手に動いてた...考えるより行動しよう~友人の紹介で出会ったPさん 53【婚活体験談】

前の話(話しかけるスキを与えない男性〜友人の紹介で出会ったPさん 52【婚活体験談】)の続きです。

 

男性Pさんとの面会は3回目。

今回はPさんとの出会いのきっかけをくれた友人あーちゃんも一緒にいます。

 

2次会はカラオケに来て、歌う事が大好きなPさんがほぼ歌ってくれました。

歌が下手な私は歌うのが辛かったですが、Pさんが楽しそうにしてくれたのでその点は良かったです。

 

しかし、ここは友人の食事会ではなく、婚活の場(だと私は思っている)。

『このままではダメだな…。』と焦りを感じていました。

f:id:oba_kan:20190216233910j:image

時間も遅かったので、そろそろ2次会も終了。

すごく久しぶりのカラオケでした。 

f:id:oba_kan:20190216233917j:image

あーちゃんは先に別れて、2人で歩くことに。

 

Pさんはまだ少し顔が赤く、酔いから醒めていないのか以前よりも上機嫌な感じです。 

f:id:oba_kan:20190216233925j:image

楽しかったけど、もっと時間が欲しいです。

話す時間を。

 

でも、

f:id:oba_kan:20190216233937j:image

すぐにPさんとお別れの時がきました。 

 

f:id:oba_kan:20190216234001j:image

このままだったら、何も変わらないのかもしれない。 

 

3回目の面会でも、まったく進展がない状態。

2回目の面会後、あーちゃんに励まされ【もう少し頑張ろう】って決めたのに…

まったく頑張ってない。

f:id:oba_kan:20190216233945j:image

せめてもう少し話すことができれば。

Pさんはすごく良い人だと思うし、できれば結婚を前提にお付き合いしたいです。

 

自分の年齢的にもゆっくり婚活をしている場合ではないし、それがたとえ悪い結果だとしても、早く結論が出る方が良いし…。

 

f:id:oba_kan:20190216234011j:image

 そう思ったと同時に、Pさんを追いかけていました。

 

 

・私の今までの婚活の事はコチラにまとまっています。

婚活体験談

婚活情報