障害の告白への返事は…~友人の紹介で出会ったPさん 62【婚活体験談】

前の話(2つ目の告白…障害のこと〜友人の紹介で出会ったPさん 62【婚活体験談】)の続きです。

 

婚活中アラフォー女の日出子です。

今までの婚活は、進展もなく失敗続き…。

 

ですが、今回は少し違います。

 

友人の紹介で知り合った男性のPさん。

3回目の面会を終え、Pさんに結婚前提のお付き合いを申し込みました。

 

告白の結果は保留。

 

そしてもう一つの告白をしました。

f:id:oba_kan:20190226104753j:image

アラフォーになってから診断された発達障害のこと。

 

発達障害と聞いてなんとなくマイナスのイメージを持つ方や、良い思い出がない人もいるかもしれません。

 

でも、いつか言わなくてはいけない事...。

このタイミングで私が発達障害である事をPさんに伝えました。

 

Pさんの反応は...

f:id:oba_kan:20190226104800j:image

穏やかな表情をしていました。

そして、

f:id:oba_kan:20190226110851j:image

『そんな感じがしてました。』

...ってPさん気づいていた!?

 

f:id:oba_kan:20190226110835j:plain

f:id:oba_kan:20190226104807j:image

私の挙動で『もしかしたらそうじゃないか。』と思っていたみたいです。

 

やっぱり、ちょっと人とは違う特徴を持っているのか、バレバレなんですね。

 

突然の私の告白に、終始困った顔をすることなく穏やかな表情で話してくれたPさん。

 

Pさんの答えは...。

f:id:oba_kan:20190226104814j:image

障害のあるなしは全く気にしないということでした。

 

Pさんの返事を聞いて...

f:id:oba_kan:20190226104826j:image

 

f:id:oba_kan:20190226104831j:image

ものすごく嬉しかったし安心しました。

 

お付き合いの告白の返事はまだです。

ですが、もう一つの告白に対するPさんの考えはすぐに知ることができました。

 

私の気にしている部分を受け入れてくれたような気がして、『もう、この返事をしてもらえただけで充分かも。』と思いました。

 

もちろん、お付き合いはすごくしたいですが。

 

二つの告白を終えて、この日やるべき事は済んだかな...。

 

時間を確認すると、もう少しで制限時間の30分になるところ。

そろそろ帰ろうかという話になりました。

 

続きます。

 

・婚活の話はコチラに書いています。

婚活体験談

 

・最新記事

見た目は大事。なのに私の容姿は…〜婚活中アラフォー女の独り言