失恋を認めたくない~5回目のデート その後【婚活体験談】

前回の婚活話→【まだ私は恋をあきらめてない~5回目のデート その後【婚活体験談】

 

婚活パーティーで知り合った男性(Rさん)とお付き合いをしています、婚活中の日出子です。

恋愛経験がない私ですが楽しくRさんとの交際を楽しんでいました。

何度か雰囲気が悪くなることがあってもすぐに仲直りできていました。

 

しかし、今回はちょっと様子が違います。

5回目のデート。雰囲気が悪くなって終了したわけではないはず…

f:id:oba_kan:20191109123827j:image

なのに…

f:id:oba_kan:20191109124051j:image

夜中も連絡きてなかったなー。

夜までには連絡来るかな…?

 

f:id:oba_kan:20191109124116j:image

夜になりました。

 

【スマホ画面を見るのをガマンしたらRさんからLINE来るかも…。】

急にそんなことがひらめいて実行します。

でも、

f:id:oba_kan:20191109124148j:image

『Rさんから連絡…何事もなかったように連絡・・・きて。

前のように頻繁に連絡は取らなくても良いから…。』

『連絡、連絡、連絡…。』

 

スマホを確認せず過ごしていましたが、

f:id:oba_kan:20191109124200j:image

果たしてこの行為に意味があるのだろうか…?

自分で決めたことなのになぜこんな事を始めたのか分からなくなりました。

 

f:id:oba_kan:20191109124210j:image

結局、自宅に帰ったらすぐにスマホを見てLINEを確認しよう。

f:id:oba_kan:20191109124220j:image

残念。

 

Rさんから連絡が少なくなってから、変に高ぶったテンションだった私。

まだ大丈夫、きっと大丈夫。

 

f:id:oba_kan:20191109124228j:image

 

f:id:oba_kan:20191109124326j:image

そうやって自分が傷つくの避けているのかも。

Rさんとの良い未来しか想像できない…というよりもそれしか想像したくない。

 

元のような関係になる可能性はゼロ?

1パーセント未満のごくわずかな可能性でもゼロじゃなければ可能性を信じたい。

 

まだ諦めきれない自分がいました。

 

続きます。

 

・最新記事 幸せな思い出の数十年後

思い出は美しいままで【日常】 

 

・私の婚活話はコチラから

→(新しい順)婚活体験談

(古い順)婚活目次