自分の低スペックを自覚せよ~7回目の婚活パーティー【婚活体験談】

前回の婚活話→【男性が寄ってこないなら自分から行く女~7回目の婚活パーティー【婚活体験談】

 

今回で婚活パーティーは7回目。

今まで良い出会いもあり、少し進展したと思っていましたが…

またスタート地点に逆戻り。

 

今回のパーティーは全員と一対一で話せるわけではないので、自ら積極的に動かないといけません。

特に私のような【男性が寄ってくるタイプの女性ではない】場合は…。

f:id:oba_kan:20191205224503j:image

自由に移動できる時間がやってきました。

本来、婚活パーティーではこういう自由時間がアタックできる良い機会になるのでしょうが。

私はちょっと苦手な時間。

ひとりぼっちになる可能性が高いからです。

 

でも今回は話せそうな人が2人いるので、その男性のどちらかと交流を深めようと思います。

f:id:oba_kan:20191205224644j:image

正直、結構タイプの若い男性。

自分と考え方や雰囲気が似ている男性。

どちらに話しかけようか考えました。

 

まずはついさっきまで話していた私に似ている男性に話しかけよう!

f:id:oba_kan:20191205224652j:image

と思ったけれど見当たらない

 

f:id:oba_kan:20191205224702j:image

【婚活パーティーに来なければ良かった。】と言っていたので、もしかしたらもう嫌になって帰宅したのかも。

残念。

 

じゃあ次は

f:id:oba_kan:20191205224750j:image

若い男性と話をしようと探します。

 

f:id:oba_kan:20191205224828j:image

少し遠くの方に彼はいました。

 

よし…!まだ誰とも話していない…!

f:id:oba_kan:20191205224841j:image

ドドド…速足で彼の元に向かいます。

f:id:oba_kan:20191205224848j:image

声をかけると爽やかな笑顔で対応してくれました。

また話せる…。良かった。

 

年が離れているから無理だろうなと諦めていました。

でも彼のことが少し気になってしまいました。

無謀だな。

 

続きます。

 

・今までの日出子の婚活を見るならコチラから

新しい順→婚活体験談

古い順→婚活もくじ