私のために〇〇してくれた男性【婚活体験談】

前の話の続きです。

ひとつ前の婚活話はコチラから→男女に大切なのは時間の長さじゃなくて…【婚活体験談】

 

・・・・・

こんばんは。日出子です。

デブスアラフォー婚活ブログに来ていただきありがとうございます。

このブログでは私の婚活体験談や日常の出来事を描いています。

読んでいただけると嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

・・・・・

気になる男性、Uさん。

Uさんとは、飲み会で出会いました。

つい先日、二人で会う事に成功…しましたが、特に手ごたえは感じられずにいました。

 

進展しないで時間だけがすぎて行きそうな今回の婚活。

しかし、二人で会う機会はまたすぐ訪れたのです。

f:id:oba_kan:20210219210854p:image

 Uさんに呼び出されたので、【食事?お茶?】など色々な可能性を考えて、何を話そうかまで考えていましたが、その必要はなかったみたいです。

f:id:oba_kan:20210219210904p:image

 Uさんといた時間は数秒でした。

 

今まで男性と二人きりであった中で最短記録でした。

時間は短かったけれど、すぐUさんはいなくなってしまったけれど、幸せになれる時間でした。

f:id:oba_kan:20210219210915p:image

すぐに自宅に帰ってきました。

 

 この袋の中はお菓子って言っていたな…。

何気なく話したことを覚えていてくれたんだ…。

f:id:oba_kan:20210219210933p:image

 

f:id:oba_kan:20210219211028p:image

 

f:id:oba_kan:20210219211035p:image

私のために時間を使って買ってくれたのかと思うと、美味しさがさらに倍になりました。

 

続きます。