ポンコツ看護師パワハラ物語【5】~先輩ナースが怖すぎる

前回のお話はこちらから

www.kekkon-ns.com

 

仕事ができない、仕事覚えが悪い、コミュニケーション能力ゼロ

ほかにもいろいろとダメなところが盛りだくさんの人間、日出子。

 

ポンコツ看護学生日出子がポンコツ新人看護師になった物語です。

 

新卒で配属になった病棟は雰囲気が…

 

非常に…

 

悪い!

f:id:oba_kan:20220202192817p:plain

雰囲気が悪いと感じているのは私だけなのか?

先輩たちは仲良く悪口を言っているわ。

 

聴力が人より良いとかそういうことじゃなくて、フツーに悪口が聞こえます。

(ちなみに私以外の人に対する悪口も言っていた。もういろんな人がいろんな人の悪口を言っている状態。でも表面上は普通に会話するという。)

こええよ。

 

陰で(というか聞こえているけど)言われていると思ったら

f:id:oba_kan:20220202192759p:plain

面と向かって先輩ナースからこういう質問をいただいたり…。

 

 

f:id:oba_kan:20220202192813p:plain

私が記録をしていたら硬いもので(多分板かな?)机を叩きつける先輩看護師もいました。

 

【そこどけよ】という意味と受け取りました。

 

…でいろいろとありますが、一番大変だったのが人の確保。

f:id:oba_kan:20220202192807p:plain

二人で迎え(送り)に行かなきゃいけないのに、

まあ避けられる避けられる…。

 

ほかの人がお願いした時は【はーい(ハート)】みたいな二つ返事でOKしているのに、日出子の時はまあこんなもんです。

 

f:id:oba_kan:20220202192821p:plain

ほかにもたくさんたくさんたくさんあるけれど、とりあえずこんな感じ。

 

 

続きます。

・・・・・・

注:このお話はフィクションですよ…たしか